冷え性は女性ホルモンや栄養価の高い食品で予防を

冷え性は女性の二人に一人は悩んでいるといわれてる女性特有の症状です。
手足のなどの末端部分が冷える場合が多く、人によっては頭痛、腰痛肩こりなどの症状を伴うことがあります。
これらは血液の流れを調整する自律神経の働きの鈍りや女性ホルモンの乱れ、新陳代謝からの衰えから起こります。
たんぱく質やビタミン、鉄分が豊富に含まれたエネルギー量の高い食品や、血行を促す食品を摂るように心がけましょう。

鉄分

中国では内臓を温め、血を補う作用があると言われ、冷え性を治す食べ物として有名です。
鉄分は造作作用で血行を促すので、冷え性にピッタリです。

鉄分は、レバー、鶏肉、アサリ、豚肉、納豆、煮干しなどからも摂取出来ます。

アリシン

アリシンはネギに多く入っていると言われていてそのアリシンの中でも硫化アリルとも呼ばれ、発汗などの代謝作用を高め、食欲増進や冷え性を改善します。
ネギは刺激が強いため、空腹時の時はたくさん食べるのを控えましょう。

アリシンはニンニク、タマネギ、ニラなどで摂取も可能です。

ビタミンE

若返りのビタミンとも呼ばれ、老化の原因と言われてる中性脂肪を抑制し、自律神経に働いて血行を改善します。
消化を促すにはすりごいまがいいとされています。

ショウガオール

生で食べると辛味成分のジンゲロールが優位になり、意外にも身体を冷やしてしまいます。
加熱すれば誠意分がショウガオールへ変化して血管を拡張し血行をよくする働きがあります。