生酵素は飲むタイミングにより体への影響が変化

生酵素は摂取タイミングによりその効果などが微妙に変化していきます。
それぞれのタイミングをしっかり理解した上で摂取することにより目的に合う効果を得ることが出来るのです。

今回は食前、食後、運動前、寝る前のタイミングで、生酵素摂取の効果がどう違うのかを調べてみましたので参考にしてもらえればと思います。

食前

酵素の成分が吸収され、食事の消化・吸収を効率よく行う

極力胃の中がカラッポの状態で酵素を取り入れることで、その後に摂取する食べ物の消化や吸収を効率よく行ってくれます。
身体はカラッポの状態で入ってきた食べ物の栄養素を一気に吸収しようという働きがありますので、その時に酵素成分をしっかり吸収してから食事を取ることで、太る原因になる成分の吸収を抑えることが出来るのです。

食後

酵素が食事後の消化をサポート

食後に酵素を摂取することで、先に食べたものの消化をしっかりサポートしてくれます。
食前と同じように見えますが、微妙に役割が違ってきますので注意が必要です。

運動前

代謝をあげて、運動による脂肪燃焼を促進させる

運動をする前に酵素を摂取することで、運動時の代謝を上げてくれる役割と同時に脂肪燃焼を促進する効果があります。
運動も取り入れてダイエットをする場合は必ず運動前に酵素を摂取するようにしましょう。

就寝前

酵素成分が吸収され、朝の排泄がスムーズ

酵素と言えば野菜や果物に多く含まれているのですが、食物繊維なども多く含まれているため寝る前に飲むことにより朝起きた時などに便通がよくなるということがあります。
便秘気味で悩みを抱えている方は夜寝る前などに飲むのがオススメです。

生酵素は飲むタイミングまとめ

4つに飲むタイミングを分けただけでもこれだけの効果の違いが出てきます。
自分はどの目的で飲んでいるのかを明確にすることで飲むタイミングがいつなのかがわかってくると思います。

基本的には食事の前に飲むことにより酵素の力を最大限引き出すことが出来るそうですが、運動などを行っている方であればやはり運動前に飲む方がいいのかなと思います。
理想は胃の中がカラッポの状態で酵素を取り入れることがいいのですが、そこは自分で判断して自分のタイミングで摂取するようにしましょう。

またダイエット(体重減)目的で行うのであればただ酵素を摂取するだけではなく、適度な運動を取り入れることが健康的に短い期間で行える方法になりますので、是非トライしてみてはいかがでしょうか?