酵素って何?

酵素ってどんなものか知っていますか?

有名な栄養素と言えば、炭水化物、脂肪、たんぱく質、ビタミンなどなどあります。
これらの栄養素は人間の体に欠かせない栄養素なのですが、酵素(生酵素)もこれらの栄養素の一部だと思っている方が多いのではないのかなと思いますが少し違うんです。

そもそも酵素(生酵素)とは私たちの体の中で行われている消化吸収や代謝などのあらゆる生体反応を維持するために必要な栄養素であり、酵素(生酵素)はそのものはたんぱく質からできているんです。
身体は食べたものから栄養を摂取してエネルギーにしてくれる働きがあります。病気やケガを体内や体外で治癒させてくれるのも酵素の働きによるものだと知っていましたか?

つまり酵素(生酵素)は私たちが生きていく上でとっても必要なものと言っていいものになります。

酵素(生酵素)がたくさん含まれる食材と言えば、生の野菜やフルーツになります。実は生魚やお肉にも含まれているのですが、酵素(生酵素)は46~48度程度の加熱で酵素(生酵素)が壊れてしまうので、あくまでも生で摂取することが非常に大事だと言われています。
またお魚やお肉は生で食べても動物性たんぱく質そのものを消化するのに、
その分別に酵素(生酵素)が必要になってしまうので効率的に酵素(生酵素)を摂取するこは難しいと言われています。

生野菜をたくさん使ったサラダは野菜に含まれるミネラル、ビタミン、食物繊維、カロチン、ファイトケミカルと呼ばれる抗酸化物質などと合わせて酵素を摂ることができます。
ダイエットや美容面では温野菜もオススメとされているのですが、酵素を効果的に摂取するとなると加熱した野菜すなわち温野菜は酵素(生酵素)を摂取しづらくなるということです。

面白いことに野菜やフルーツは擦り下ろすことにより酵素(生酵素)の量が3倍近くになるものもあると言われています。

磨り潰すことにより酵素UP!?

例えば、大根おろしには、でんぷんを分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼ、そしてたんぱく質を分解するプロテアーゼと呼ばれる酵素(生酵素)が豊富に含まれています。
脂ののったサンマやサバといった青魚に大根おろしが添えられているのはとても理にかなったことでもあるのです。

フルーツでの酵素(生酵素)の摂取ですが、最近では多くなってきましたが日本の食生活はまだまだくだものを取る習慣がとても少ないとされています。
海外(欧米)では日本に比べるとたくさんフルーツを食べているようです。
皮をむいたりカットするのが面倒…という方はバナナやみかんなど包丁を使わずに食べれるフルーツを食べてみてはいかがでしょうか?

皮をむいたり包丁を使うのが手間ではないという方は、りんご、オレンジなど季節のくだものをスムージーとして飲むのがオススメです。

フルーツならスムージーは効果的!?

ここ最近スムージーブームになり少しづつ一般化してきていると思います。

朝にフルーツのスムーじーは本当にオススメです。
どうしてオススメなのかというとスムージーにしたことにより満腹感が得られて、ごはんやパンの朝食を食べるよりも体も胃もずっと軽くなります。
カロリーも抑えられて健康的にダイエットにも繋がるからなんです。

「スムージーや生野菜、フルーツを積極的に摂取したいけど面倒だよね」という方がいると思います。しかも冷え性の方には生の食材を食べたり飲んだりということに若干の抵抗があるという方います。

そんな方にはこちらがオススメになります。それは酵素を含む加熱していない食品になります。
具体的に言うと、天日干しした野菜、海苔、海藻、ドライフルーツやナッツ、豆類、などがこれに当たります。

海藻にはミネラルが豊富に含まれています。ミネラルは補酵素としての役割も持っています。海藻類を選ぶときには天日干しのものや生わかめ、生の昆布などを選ぶようにしましょう。

野菜やくだものは干すことで、栄養素が凝縮されると言われています。干しシイタケやドライフルーツはリビングフードやマクロビオティックなどの食事療法でも重用されています。干しシイタケは国産のものを、ドライフルーツやナッツ類は砂糖や塩で調味されていないものを選ぶといいと思います。

生の野菜を食べると体が冷えるという方は、自宅で野菜を天日干ししてみるのもいい方法です。野菜をカットし、虫がつかないように網をかけて半日から1日干すだけで完成です。ズッキーニやセロリ、きのこ類やトマトなども甘みが増しておいしくいただくことができます。
市販のものを購入するだけではなく、冷蔵庫に残った野菜で干し野菜を作ってみるのもいいかもしれないですね。

生酵素と酵素の違いって何?

ここ最近様々な健康食品から酵素の言葉がよく使われることにより耳にすることが多くなりました。

今だとコンビニやドラッグストアでも酵素配合のサプリメントが販売されているのをよく見かけます。

その中で売られている酵素配合のサプリメントには大きく分けて2つの種類があることに気づいていますか?

その2種類とは、生酵素酵素

もうすでに酵素サプリを飲んでいる方がいてその効果を実感できていないのはもしかしたら生酵素じゃない酵素のを飲んでいるのではないでしょうか?

果たして、生酵素と酵素の違いとはなんでしょうか?

効果に違いがでるものなのでしょうか?

生ではない酵素は加熱処理されているものになります。

サプリメントというものは、栄養素をカプセルやタブレットに閉じ込めるために、高温高圧といって熱を加えることで、カプセルやタブレットを飲みやすいものにしています。

加熱することで、カプセルのなかに密閉された栄養素が酸化・劣化せずに長期保存できるようになっているわけです。

この高温高圧による製造方法は、大量生産が可能でコストも安く抑えらるため、サプリメーカーではごく一般的なものとされています。

製造コストを大幅に抑えることで、お手軽な製品価格で購入することが可能になっているわけですが、

当然のことながら酵素サプリも、高温高圧してカプセル化されているわけなのです。

生酵素サプリメントは非加熱処理されています。

次に生がつく生酵素の場合は、高温高圧によってカプセル化されていません。手間のかかる低温カプセル製法を用いていることがほとんどになります。

カプセル化させた後の乾燥処理も、熱風を使えば短時間で済むのに、ゆっくりと時間をかけて乾燥させているのです。

さきほどの高温高圧製法と比べると、低温製法は明らかにコストも時間もかかります。一見すると、非生産的な製造方法に感じてしまいます。

しかし酵素は加熱すると失活してしまう

最初の方でも説明しましたが酵素は46~48度程度の加熱で酵素(生酵素)が壊れてしまうのです。

酵素は非常に熱に弱い性質を持っています。ほとんどの酵素が48度以上に加熱すると働きを失ってしまいます。

 

つまり、高温高圧製法で作られた酵素サプリのなかにある酵素は、ほぼ失活状態にあるといっても過言ではないのです。

でも生酵素サプリメントは48度位以上の熱を加えないよう、細心の注意を払って作られた生酵素サプリです。

酵素が体内に入った後も働くことが可能なわけです。

  • 生酵素サプリ:加熱処理していないので酵素が失活していないのでしっかりと酵素の役割を果たしてくれる。
  • 酵素サプリ:加熱処理しているので酵素が失活している為酵素としての働きが少ない。

ここで勘違いしてほしくないのは酵素サプリが全く無意味なものなワケではないということです。

生じゃない酵素サプリでは、肝心の酵素の働きには期待できませんが、天然植物や乳酸菌・麹菌などを原材料としているので、酵素以外の栄養成分はたっぷり入っています。

ですので酵素としての働き以外にもしっかり栄養素としての働きがあるのでそれはご安心ください。

注意:酵素ドリンクも加熱処理されています。

酵素にはサプリメント以外に、液体状のドリンクタイプがありますよね。ここ最近では美味しく飲めるのでい一度は飲んだことがあると思いますが、

この酵素ドリンクも加熱処理されているんです。

その理由は厚生労働省が定める食品衛生法において、酵素ドリンクは清涼飲料水に該当します。

清涼飲料水は、65度で30分加熱して殺菌しなければ、商品として販売することはできません。

つまりは酵素ドリンクには死活した酵素しか入っていないということになるのです。

 

これでお分かりになって頂けたでしょうか?

生酵素と酵素の違い即ち製造工程で加熱処理をしているかどうかの違いであり

市販で売られている酵素ドリンクでは理想とする酵素を摂取することはできないという事実。

つまりは生酵素サプリメントでの摂取が一番効率的であるということになります。

腸内環境改善・便秘解消・基礎代謝UP・免疫力UPなど、酵素が持つこれらのパワーが欲しくてサプリを飲むのなら、選ぶべきは生酵素サプリになるわけです

生酵素の表示があったとしても、どんな製法で作られたものなのかは必ずチェックするといいかもしれないですね。

  • 48度以上の熱は加えない低温カプセル製法
  • カプセルを乾燥させる際も熱風は加えない
  • 凍結乾燥のフリーズドライ製法

などの記載があるなら、酵素の働きを失活させずにサプリ化された商品だと思います。

これらの記載が一切ないのなら、それは加熱処理しているサプリの可能性が非常に高いと思われます。

商品の良さを知るためには、1つのものだけでなく色々比較してみるのがオススメです。

詳しくなればなるほど、正しい知識で上質な生酵素サプリを選ぶことができ飲んでいて違いを実感できると思いますよ。